All on 4

About

about

オールオン4

従来、すべての歯がない場合の治療方法は入れ歯が主流でしたが、見た目や機能性の問題で入れ歯を入れたくない方も多くいらっしゃいます。
オールオン4は4本のインプラントで12本の連結した人工歯を支える治療法です。総入れ歯にしたくない方、総入れ歯が合わない方に最適の治療です。

このような方にオススメです

  • ほとんど歯がない
  • 入れ歯にしたくない、入れ歯が合わない
  • 骨が少ないと、他院でインプラントを断られた
  • すぐ噛めるようになりたい
  • インプラントの費用が心配

Implant

implant

入れ歯よりしっかり噛めるインプラント、オールオン4

point1

総入れ歯より
優れたインプラント

総入れ歯より優れたインプラント 総入れ歯より優れたインプラント

ほとんど歯がない場合、全ての歯がない場合、従来ですと総入れ歯が選択されてきました。けれど入れ歯は骨吸収や粘膜で固定しているというの問題で、痛みが出たり噛む力が弱くなってしまうといったデメリットがありました。
オールオン4は4~6本の埋入したインプラントで、12本の連結した人工歯を支える治療方法です。
骨に埋入されているインプラントで人工歯を支えるので、ぐらつきがなくしっかり固定することができます。また、入れ歯のように硬い物が噛めないといったこともないので、ご自身のようにストレスなくお食事をお楽しみいただけます。

point2

身体に負担の
少ない手術

オールオン4で身体に負担の少ないインプラント手術を オールオン4で身体に負担の少ないインプラント手術を

全ての歯がない場合でも埋入するインプラントが4~6本と少ないため、手術範囲が抑えられ、お身体にかかる負担や治療期間を軽減することができます。
通常よりも長いインプラントを使用するので、骨吸収などにより骨が少なくなってしまっている場合にも骨移植なしで対応することができます。
総入れ歯にしたくないけれど、骨がないからと他院で断られてしまった方はぜひご相談ください。

point3

噛めるようになるまで
最短一日

オールオン4は噛めるようになるまで最短一日 オールオン4は噛めるようになるまで最短一日

骨が少ない場合、埋入したインプラントが骨と結合してから人工歯を固定する必要があるため、3~6ヵ月程度歯がない状態で過ごさなければならない場合もありますが、オールオン4は仮歯を治療当日に入れられるので、治療したその日に噛むことができ、普通の食事が可能です。
※噛めるようになるまでの期間は症状によって異なります。その日のうちに噛めないケースもございます。

point4

従来の入れ歯と全く違う
天然歯のような快適さ

天然歯のような快適さ 天然歯のような快適さ

人工歯部分を4~6本のインプラントで支えるので、入れ歯時のような口蓋の覆いがなくなり、唾液腺を圧迫することなく、爽やかに過ごせます。
唾液腺を圧迫する入れ歯を長期間使用していると、お口の中が乾燥し、唾液が出にくくなります。それにより、70歳以上のご高齢の方では、胃酸の分泌がほとんどなくなる場合もあり、体調不良の原因にもなります。

Comparison

Comparison

オールオン4と総入れ歯の比較

  メリット デメリット
オールオン4
  • しっかりと噛むことができる(咀嚼力が高い)
  • 固定式のため、安定していて外れる心配がない
  • 違和感が少なく、自分の歯のように食事をしたり、喋ることができる
  • 手術当日に仮歯を入れて噛めるようになる
  • 顎の骨が減っていくのを抑えることができる
  • 総入れ歯よりも、費用が高額になる(健康保険適応外)
  • 手術をしなくてはならない
  • 治療可能な歯科医院が少ない(高度な技術と設備が必要)
  • 治療後のメンテナンスが必須
総入れ歯
  • オールオン4より費用を抑えることができる。特に健康保険のものであれば安価
  • 手術不要
  • ほとんどの症例に適応している
  • どこの歯科医院でも気軽にできる(特殊な保険外義歯以外)
  • オールオン4と比較すると、硬いものや粘着性の高いものは噛みにくい(咀嚼力が低い)
  • 食事中や会話中に外れてしまうことがある
  • 違和感や味覚障害が起きやすい
  • 顎の骨が減っていきやすい(顎の骨が減ると、義歯を安定して支えることができず、咀嚼力が低下し、外れやすくなる)

Question

Question

オールオン4のよくある質問

他院で骨が少なくインプラントはできないといわれました。オールオン4はできますか?

オールオン4は通常のインプラント治療よりも長いインプラントを使用するので、骨が少なくなってしまっている部分でも、骨移植をせずに治療できる可能性があります。
また、当院ではサイナスリフトやGBR(骨再生誘導法)などの特殊な骨再生・骨移植手術にも対応、さらに頬骨に長いインプラントを埋入するザイゴマインプラントも利用可能ですので、骨が少ないと言われていても、オールオン4を行うことができる可能性は非常に高くなります。

手術が怖いです。オールオン4の手術に痛みはありますか?

当院ではオールオン4の手術はウトウトと眠ったような状態で治療をお受け頂ける静脈内鎮静法(点滴麻酔)や全身麻酔で行うので、手術に不安がある方でも安心して治療をお受け頂けます。

残っている歯が数本ありますが、オールオン4はできますか?

残っている歯の状態が悪い場合には、オールオン4手術の際に、抜歯させていただくこともあります。反対に、残っている歯の状態がよく、まだまだお使いいただけそうな場合は、オールオン4以外の残っている歯を活かしたインプラント治療をご提案させていただくこともあります。
当院では様々なインプラント治療を行っておりますので、患者様一人一人に最適な治療方法をご提案させていただくことが可能です。

手術は入院が必要ですか?

オールオン4の手術は日帰りで受けていただくことが可能です。比較的、身体への負担も少ない手術ですので、ご安心ください。

Cost

cost

費用を抑えられるオールオン4

通常のインプラント治療では、12本の歯を支えるのに8~10本のインプラント(フィクスチャー、アバットメント、上部構造)が必要でした。
オールオン4ではインプラントは4~6本の埋入になりますので、全部の歯がない場合の治療費用をぐっと抑えることが可能です。
下記は2021年4月現在の料金となります。

片顎の歯がない場合

オールオン4(メタルバーフレーム)

基本検査 ¥33,000
インプラント4本 ¥1,320,000
上部構造 ¥1,100,000
合計 ¥2,453,000

Flow

flow

オールオン4の流れ

  • flow1

    初診時

    初診時

    基本検査を行い、お口の中の状況を把握し、カウンセリングをさせて頂きます。患者様のご希望をお聞きしながら治療計画を策定していきます。お見積書をお出ししますので、お持ち帰りいただき、ゆっくりとご検討ください。
    オールオン4の治療を行うことに決めた場合には、ドクター、スタッフにお申し付けください。お申し出いただきましたら治療を開始いたします。

    矢印
  • flow2

    オールオン4の手術

    オールオン4の手術

    インプラントを埋め込みます。当院では、静脈内鎮静法(無痛点滴麻酔)を使用して手術を行うため、眠っている間に治療が終わります。 インプラントを埋めた後、少し休憩していただき、数時間後には仮歯を装着することができます。この仮歯で通常の食事が可能です。
    ※お口の中の状態によっては、仮歯装着が翌日以降になる場合もございます。

    矢印
  • flow3

    最終補綴物の製作・装着

    最終補綴物の製作・装着

    仮歯装着後(3~6カ月)、強度が高い最終補綴物(人工の固定歯列)に交換します。当院では3種類の最終補綴物(人工の固定歯列)をご用意しておりますので、ご希望をお伝えください。
    ※最終補綴物の製作期間には、術後の経過観察、及び咬み合わせの採得・調整作業のために何度かご通院いただきます。

オールオン4の費用について