Born

About

about

骨再生・骨移植手術

骨がない、骨が少ないためにインプラントを断られてしまう方いらっしゃいます。 患者様が望む快適な生活を手にいれるために行うインプラント治療ですが、このインプラント治療を行い十分に咬めるようにするには、インプラントを植立する土台 (顎の骨)の状態(骨の厚み、硬さ、量など)が重要になります。 顎の骨の量や厚み堅さが十分では無い状況でも、どうしても入れ歯やブリッジは避けたいといった患者様に対して、当院では骨移植を行ってのインプラント治療をご提案しています。

このような方にオススメです

  • 骨が少なく、インプラントを断られた
  • 入れ歯やブリッジにしたくない
  • 自分の歯のようにしっかり噛みたい

Point

point

骨再生・骨移植インプラントの特徴

point1

様々な骨再生
骨移植手術が可能

様々な骨再生、骨移植手術が可能 様々な骨再生、骨移植手術が可能

骨量が少ない場合にもインプラント治療を行えるようにするための治療法はいくつかあり、当院では、患者様それぞれの症状、骨の状態に応じて最適な治療法をご提案するため、様々な骨再生・骨移植手術を行うことができます。

ソケットプリザベーション

抜歯を行うと必ず歯を支えている歯槽骨は吸収します。
特に前歯部においては骨の吸収により凹みが出てしまい、審美的なインプラント治療が難しくなります。抜歯時にできた穴の中に人工骨や自家骨を填入することにより骨吸収を極力抑える方法をソケットプリザベーションといいます。
手順としては粒状の人工骨・自家骨を抜歯窩に填入し、漏れ出さないように特殊な膜で覆い、歯肉を縫合します。

GBR(骨再生誘導療法)

GBR(Guided Bone Regeneration)とは、文字通り骨組織の再生のための治療法です。
骨組織が欠損していたり、高さ・幅が不足しているインプラントの埋入スペースが足りない場合に用いられます。インプラント埋入後、骨量が足りない部位に人工骨などの補填剤を詰め、特殊な膜で覆います。膜は吸収性のものを使用することもありますが、高さが足りない場合はチタン製のメッシュ状の膜をもちいてスクリュー固定します。非吸収性の人工膜を使用する場合はインプラント二次手術時に摘出します。

ソケットリフト

ソケットリフトとはインプラントを埋入するためにドリルで開けた穴の先端から、専用の棒を差し込み、医療用のトンカチで叩くことにより、上顎洞粘膜を拳上させる手技です。できたスペースに人工骨などの補填物を詰め込み、骨の高さを確保します。骨幅が5mm以上残存している場合や骨の不足範囲が狭い場合等、適応は限られますが、サイナスリフトと比較すると侵襲度が低い利点があります。

サイナスリフト

上顎骨には上顎洞という空洞の構造物が存在し、上顎洞の底部は上顎臼歯の歯根の先端と接するように位置しています。その部位にインプラントを埋入する場合、骨の厚さが足りずに上顎洞内に迷入させてしまったり、上顎洞粘膜を破ってしい、蓄膿症を併発してしまうケースがあります。そこで必要となる処置の一つがサイナスリフトです。術式としては上顎臼歯部の歯肉を切開・剥離し、上顎洞の前壁に穴を明け、上顎洞粘膜を上方に拳上します。上顎洞粘膜を拳上してできたスペースに人工骨などの補填物を詰め込みます。残存骨の厚さによって、インプラント埋入と同時に手術できる場合とインプラント埋入に先駆けて手術を行う場合があります。

point2

設備・経験・技術
全身麻酔での骨移植

全身麻酔での骨移植 全身麻酔での骨移植

様々な骨再生・骨移植が可能ですが、腸骨移植手術や脛骨移植手術など、全身麻酔が必要になる大掛かりな骨移植手術も可能です。

腸骨移植手術、脛骨移植手術とは?

インプラント治療において、インプラントを埋入するための骨量が少ない場合に行われる骨移植手術ですが、骨量が多く必要な場合などに、骨量が多い腸骨(腰からお尻にかけての大きな骨)や、脛骨(足のすねの太い方の骨)から骨移植を行います。
また、腸骨移植手術や脛骨移植手術を行うには、全身麻酔が行える設備環境と、口腔外科手術の執刀経験豊富な歯科医師が必要になります。 当院では、専用のオペレーションルームはもちろん、全身麻酔も行える医科用の麻酔設備を備えており、全身麻酔下での口腔外科手術を専門に行ってきた経験と技術をもつ理事長の小野を中心に各専門の医師、スタッフがチームとなって手術を行います。