Painless

About

about

無痛インプラント

当院では、「痛そうだから…」「怖いから…」と治療の機会を見送ってこられた患者様のために、点滴麻酔(静脈内鎮静法)による、「痛みを感じにくい」「怖くない」インプラント治療をご提供しています。
静脈内鎮静法は腕から行う点滴による麻酔方法で、眠ったような状態の中で手術を行うので、治療中の痛みや音、匂いなどの不快感を感じることなく治療をお受け頂けます。
当院では全てのインプラントプランの料金に、点滴麻酔(静脈内鎮静法) の費用が含まれています。
そのため、追加費用なく快適にインプラント治療をお受け頂けます。
歯科治療が本当に嫌いな患者様や、歯科治療中に具合の悪くなる患者様(歯科恐怖症)にとくにおすすめです。また、完全に意識がない中で治療を行う全身麻酔での治療も行っております。お気軽にご相談ください。

Painless anesthesia

Painless anesthesia

静脈内鎮静法と全身麻酔

point1

寝ている間に治療が終わる
静脈内鎮静法

寝ている間に治療が終わる静脈内鎮静法 寝ている間に治療が終わる静脈内鎮静法

歯科治療が本当に嫌いな方や、嘔吐反射の強い方、歯科治療中に具合の悪くなる方(歯科恐怖症)でも不安や苦痛が気にならなくなり、インプラント手術も可能です。
静脈内鎮静法とは、点滴により麻酔薬を腕の静脈から投与し麻酔を行う方法です。
静脈内鎮静法を行っている状態は、うっすらと意識はありますが、ほとんど眠っているような状態になります。治療にともなう不快な痛みや振動・音などがほぼ気にならず、快適に歯科治療を受けることができます。
静脈内鎮静法は全身麻酔と異なって完全に意識がなくなることはありませんので、通常の歯科麻酔(注射による局所麻酔)を併用して治療を行います。

通常の歯科治療に使用する麻酔

一般的な歯科治療で使用する麻酔は、歯ぐきに塗ったり、注射器で歯ぐきに注入したりする麻酔になります。当院では、初めに塗るタイプの麻酔で歯ぐきの表面を麻痺させ、痛みを感じにくくなった後に麻酔の注入速度をコンピューターで制御する注射器でゆっくりと麻酔を行っていきます。その際、麻酔液の温度は体温に近い37℃前後を保ち、注射器の針は33ゲージという超極細のものを使用します。

point2

静脈内鎮静法より眠りを深く
全身麻酔インプラント

全身麻酔 全身麻酔

全身麻酔では、脳の活動を抑えるので、静脈内鎮静法よりも眠りを深くして、インプラント治療に伴う恐怖感や不快感(痛み、嫌な音、臭い、味など)を全く感じることなく、意識のない状態で治療を終えることができます。
全身麻酔は麻酔薬を静脈内に投与し全身の痛み、感覚を麻痺させ、苦痛を全く感じない状態で治療を行う方法です。医科の外科手術にも使用されます。
全身麻酔中は血圧、心拍数、心電図、酸素飽和度、終末呼気炭酸ガス分圧、体温を計測記録し、常に全身状態の変化を観察しながら、それらの変化に対応した処置がとれるように全身管理を行う必要があります。

Equipment

Equipment

高水準な設備設備

当院では全身麻酔にも対応可能な、大学病院並みの高水準の麻酔設備を備えています。 静脈内鎮静法による手術でも万が一のケースでの安全性を考慮すれば、全身麻酔への対応可能な設備が必要とされます。

  • オペレーションルーム

    オペレーションルーム

    院では通常の歯科治療のスペースとは別に、完全に隔離された清潔なオペレーションルーム(手術室)を完備しています。

  • リカバリールーム

    リカバリールーム

    静脈内鎮静法や全身麻酔での治療後は、リカバリールームで意識がはっきりするまで、休憩することができます。

  • 医療用生体管理モニター

    医科用生体管理モニター

    治療中、手術中の患者さまの身体に異常がないか常に確認、把握します。

  • TCIシリンジポンプ

    TCIシリンジポンプ

    シリングポンプ(注射器)に充填された薬剤を、設定された流量で持続的に注入する医療用機器です。

  • BISモニター

    BISモニター

    脳波を計測することで、麻酔の深さを正確に把握することができます。

  • 医療用全身麻酔装置

    医科用全身麻酔装置

    主に大学病院や総合病院などで用いられるものと同様の医科用全身麻酔装置を使用しています。