Over Denture

About

about

入れ歯に代わるインプラント治療

オーバーデンチャーとは、インプラントを取り外し式の義歯の維持装置として応用する治療法です。 インプラントで入れ歯を固定するので、通常の入れ歯に比べ、外れにくく、痛みなく噛むことができます。
通常、1~4本程度のインプラントを埋入し、そのインプラントに入れ歯を固定します。固定の仕方によって、ボールタイプ、バータイプ、マグネットタイプ、ミニインプラントなどがあります。

このような方にオススメです

  • 入れ歯が痛い、合わない、噛みにくい
  • 手術当日に仮義歯を入れてしっかり噛みたい
  • ボールタイプ

    ボールタイプ

    ボールタイプは、インプラントのヘッド部分が丸いボール状のボタンになっています。入れ歯の裏側に金具を付け、ホックで留めるように入れ歯とインプラントを連結させて固定します。

  • バータイプ

    バータイプ

    バータイプは、インプラントのヘッド部分を金属のバーで連結し、入れ歯側にバーを挟み込むクリップを装着することで入れ歯を固定します。

  • マグネットタイプ

    マグネットタイプ

    マグネットタイプは、入れ歯側に連結用磁石を装着し、インプラントのヘッド部分と連結して固定する方法します。

  • シンコーンシステム

    シンコーンシステム

    シンコーンシステムとは、アンキロス社が開発したシステムであり、円錐台のアバットメントと入れ歯側のキャップがロックされて入れ歯を固定するシステムです。

    シンコーンシステムについて

Point

point

インプラントオーバーデンチャーの特徴

point1

ずれない、外れないから
痛みなく噛める

ずれないから痛みなく噛めるオーバーデンチャー ずれないから痛みなく噛めるオーバーデンチャー

インプラントに付ける固定装置に義歯(入れ歯)を装着するため、ずれたり、外れたりすることがありません。歯ぐきと義歯(入れ歯)の間に食べ物が挟まることもないので、痛いこともなく、ご自分の歯のように強く噛むことができます。

point2

従来の入れ歯と全く違う
天然歯のような快適さ

天然歯のような快適さ 天然歯のような快適さ

人工歯部分を1~4本のインプラントで支えるので、入れ歯時のような口蓋の覆いがなくなり、唾液腺を圧迫することなく、爽やかに過ごせます。
唾液腺を圧迫する入れ歯を長期間使用していると、お口の中が乾燥し、唾液が出にくくなります。それにより、70歳以上のご高齢の方では、胃酸の分泌がほとんどなくなる場合もあり、体調不良の原因にもなります。

Flow

flow

オーバーデンチャーの流れ

  • flow1

    初診時

    初診時

    初診時には原則治療を行いません。 カウンセリング時に、患者様のお悩みやご懸念点を何でもお話し下さい。 口腔内を見させていただき、レントゲン・CT撮影を行い、現在の患者様の口腔内の状態を把握していきます。 精密検査の結果をもとに、治療計画を策定していきます。患者さまのご希望をお伺いしながら「患者さまにとって」最適な治療をご提案します。お見積書をお出ししますので、お持ち帰りいただき、ゆっくりとご検討ください。

    矢印
  • flow2

    前処置

    前処置

    虫歯や歯周病等、インプラントを行う前に治療すべき個所がある場合は治療を行います。

    矢印
  • flow3

    インプラント手術

    インプラント手術

    手術当日は、点滴麻酔(静脈内鎮静法)を腕から注入していきます。ウトウトと眠ったような状態になったことを、患者様の脈・呼吸などから判断し、歯茎に局所麻酔を行い、手術を始めていきます。
    眠っている間に治療が終わるので、手術中の痛みや音、匂いなどの不快感を感じることなく治療を終えることができます。
    術後はお声掛けをさせて頂いた後、少しお休み頂き、数時間後には仮歯を装着することができます。この仮歯で通常のお食事をお取り頂けます。
    ※お口の中の状態によっては、仮義歯装着が翌日以降になる場合もございます。

    矢印
  • flow4

    最終補綴物の製作・装着

    最終補綴物の装着

    仮歯装着後(3~6カ月)、強度が高い最終補綴物(人工の固定歯列)に交換します。
    ※最終補綴物の製作期間には、術後の経過観察、及び咬み合わせの採得・調整作業のために何度かご通院いただきます。