SynCone System

About

about

入れ歯を可撤式のインプラントに変える

シンコーンシステムは、オールオン4と同じように、全ての人工の歯を4本、もしくは6本のインプラントで支える最新のインプラント治療です。
オールオン4が固定式(患者様がご自身で取り外すことができない)システムであるのに対して、シンコーンシステムは、可撤式(患者様ご自身が人工の歯を取り外しができる)の治療法になります。そのため、人工歯部分がオールオン4よりも若干大きくなります。

このような方にオススメです

  • 入れ歯が合わない、しっかり噛めない
  • 入れ歯を自分で洗って清潔に保ちたい
  • 費用を抑えたい

SynCone System

SynCone System

シンコーンシステムの特徴

point1

噛めるようになるまでの時間
最短一日

噛めるようになるまで最短一日 噛めるようになるまで最短一日

オールオン4と同じように治療の当日から噛むことができます。人工の歯を固定する部品が既製のものを使用するため、治療当日にかかる時間は、通常オールオン4よりもさらに短縮されます。
※噛めるようになるまでの期間は症状によって異なります。その日のうちに噛めないケースもございます。

point2

治療期間を短く
通院回数を少なく

治療期間を短く、通院回数を少なく 治療期間を短く、通院回数を少なく

既製の部品やご自身の入れ歯を使用することができるため、治療期間が短く、通院回数を少なくすることが可能です。

point3

全顎的な費用が抑えられる
シンコーンシステム

全顎的な費用が抑えられるシンコーンシステム 全顎的な費用が抑えられるシンコーンシステム

4本、もしくは6本のインプラントで全ての歯を支えるため、1本当たりの費用は通常のインプラントよりも割安になります。
シンコーンシステムは、オールオン4に比べ、術式が簡略化されており、また既製の部品を使用することができるため、オールオン4よりもさらに費用を抑えることができています。

point4

取り外せるので
メンテナンスも楽々

取り外せるのでメンテナンスも楽々 取り外せるのでメンテナンスも楽々

オールオン4は、ご自分で取り外しができないため、3~6カ月に1度は、医院でのプラーク除去が必要ですが、シンコーンシステムは、ご自身で取り外しができるため、衛生管理がしやすいという特徴があります。
※シンコーンシステムでも定期的なメンテナンス(6カ月~1年に1度)は必要です。

Flow

flow

シンコーンシステムの流れ

  • flow1

    初診時

    初診時

    初診時には原則治療を行いません。 カウンセリング時に、患者様のお悩みやご懸念点を何でもお話し下さい。 口腔内を見させていただき、レントゲン・CT撮影を行い、現在の患者様の口腔内の状態を把握していきます。 精密検査の結果をもとに、治療計画を策定していきます。患者さまのご希望をお伺いしながら「患者さまにとって」最適な治療をご提案します。お見積書をお出ししますので、お持ち帰りいただき、ゆっくりとご検討ください。

    矢印
  • flow2

    前処置

    前処置

    虫歯や歯周病等、インプラントを行う前に治療すべき個所がある場合は治療を行います。

    矢印
  • flow3

    インプラント手術

    インプラント手術

    手術当日は、点滴麻酔(静脈内鎮静法)を腕から注入していきます。ウトウトと眠ったような状態になったことを、患者様の脈・呼吸などから判断し、歯茎に局所麻酔を行い、手術を始めていきます。
    眠っている間に治療が終わるので、手術中の痛みや音、匂いなどの不快感を感じることなく治療を終えることができます。
    術後はお声掛けをさせて頂いた後、少しお休み頂き、数時間後には仮歯を装着することができます。この仮歯で通常のお食事をお取り頂けます。
    ※お口の中の状態によっては、仮歯装着が翌日以降になる場合もございます。

    矢印
  • flow4

    最終補綴物の製作・装着

    最終補綴物の装着

    仮歯装着後(3~6カ月)、強度が高い最終補綴物(人工の固定歯列)に交換します。
    ※最終補綴物の製作期間には、術後の経過観察、及び咬み合わせの採得・調整作業のために何度かご通院いただきます。