Immediate Implant

About

about

抜歯即時インプラント

通常インプラントは抜歯後数か月の期間を開ける必要がありますが、当院では抜歯と同時にインプラントの埋入を行い、その日のうちに噛めるようになる抜歯即時インプラントを行っています。

このような方にオススメです

  • 何度も手術をしたくない
  • 治療回数を少なくしたい
  • できるだけ術後の痛みや腫れをなくしたい
  • 歯のない期間を作りたくない

Implant

implant

抜歯と同時に行うインプラント治療

point1

抜歯と埋入が同時で
手術回数は一回のみ

抜歯即時インプラントは手術が一回 抜歯即時インプラントは手術が一回

通常、インプラント治療は抜歯後数カ月の期間を空けて行うのが一般的です。それは、歯を抜いた後の骨が安定するのに時間がかかるからです。一方で抜歯後の回復を待っている間に骨が減ってしまうというデメリットもありました。
即時抜歯インプラントでは、抜歯の直後は身体の治癒が盛んなため、傷口や骨の回復が早いという観点から同時抜歯、同時埋入を行っていきます。同時に行えるため、インプラントを埋め込むための手術をする必要がないので、お身体や精神的な負担も軽減することができます。

point2

通常のインプラントと比べて
術後の痛みが少ない

抜歯即時インプラントは痛みが少ない 抜歯即時インプラントは痛みが少ない

通常のインプラント治療では、埋入する箇所の歯肉を切開し、顎骨に穴を開ける必要があります。
抜歯即時インプラントでは、抜歯と同時に埋入を行うので、埋入するための新しい穴を顎骨に開ける必要がなく、歯肉の切開も必要ありません。そのため、通常のインプラント治療に比べて術後の痛みや腫れがほとんどない状態でお過ごしいただくことが可能です。

point3

埋入したその日から
噛むことができる

抜歯即時インプラントはその日から噛める 抜歯即時インプラントはその日から噛める

インプラント治療後は、3~6カ月前後の治癒期間を設け、その間は埋入したインプラントに負荷を掛けないよう、仮歯もせずに歯のないまま生活する必要がある場合がありますが、抜歯即時インプラントを行うことで、術後の状態が良ければその日のうちに仮歯までつけることができます。
インプラントを入れた直後に噛めるようにすることを「即時負荷」と呼びます。この方法を適用することで、歯のない期間を作る必要がなくなります。
※口腔内の状態によっては、手術当日に仮歯をいれることができない場合もあります。

即時負荷インプラントが適用可能な必要条件

・強固な初期固定ができる充分な骨の量や硬さがある方
・最低限の口腔内清掃ができ、定期的なメンテナンスができる方
・インプラントに過大な負荷がかかる癖のない方

Facility

facility

抜歯即時インプラントのための設備

抜歯時にきちんと骨を残すために、特別な技術・器具をご用意し、少ない骨でも残った骨を利用する方法で可能な限り抜歯即時埋入を行っています。
特殊な技術・器具が必要となるため、抜歯後待機をすすめる歯科医師も数多くいらっしゃいます。当院では、治療期間の短縮が可能かどうかのセカンドオピニオンも受け付けております。

  • オステル測定器

    インプラントと骨との結合度合いを共振周波数として数値で測定することができる装置。結合度合いを数値で把握することができるため、安全に早期負荷が可能になります。
    また、インプラント埋入後も脱落を未然に防ぐため、定期的にオステル測定器で固定度のチェックを行います。

  • トルクレンチ

    トルクレンチは、手術時にインプラントを埋入しながら、インプラント回転軸の力のを測定する器具です。
    埋入トルクを測定することにより、即時荷重を行えるかを判断することができます。トルクレンチは、各インプラントメーカーのものを取り揃えております。